ランクル情報ナビ@ランクル大好き!
ランクル情報ナビ@ランクル大好き!






ランクルライバルモデル


ランドローバー・ディスカバリー3は1994年にデビューしたミドルクラスSUV。
初代の登場から2世代で全世界約70万台、日本市場でも2.1万台以上の累積販売台数を誇る人気プレミアムSUVです。
DISCOVERY3画像そもそもディスカバリーは1989年にデビューしたランドローバーシリーズ3番目のモデルですが、初代モデルではレンジローバーのフレーム・パワーユニット・サスペンションが用いられていました。
ディスカバリー3ではよりプレミアムな方向へシフトしているものの、オフロード走破性は間違いなくトップクラス。
その巨体に似合わず狭い道にも入っていける見切りの良いボディデザインはランドローバーシリーズのアイデンティティでもありますね!

グレードはトップグレードにV8・4.4Lエンジンを搭載のHSEとV6・4.0Lエンジンを搭載するSESとSの3グレード展開。
トランスミッションはハイ・ローレンジ付の6速AT。
エアサスが採用され乗り心地も抜群。そしてランドローバー・ディスカバリー3には車両状況や路面状況に合わせ最適な駆動を確保できるシステム「テレインレスポンス」搭載されています。

レンジローバー譲りの高い走破性とプレミアム性が魅力のランドローバー・ディスカバリー3はランクル200のライバルモデルといっていいでしょう!


ランクル200のライバルモデル「フォード・エクスプローラー」を評価しちゃいましょう♪
ランクル200にとっては、フォード・エクスプローラー価格的にもガチンコのライバルモデルといっていいでしょう(^^)v

EXPLORER画像
フォード・エクスプローラーは、今では少数派となったフレームボディを採用したアメリカを代表するSUVですね。
2000年12月に日本導入が開始され、アメリカではミドルサイズとなるSUVです。
ランクル200と同サイズでミドルサイズってところがアメリカらしいですが、フォード・エクスプローラーはアメリカでは普段の足として活躍しているモデルだそうです。

日本に導入されているのはXLTの4リッター5速ATの組み合わせとエディバウアーとスーペリアの4.6リッター6速ATの3グレード構成となっています。
ランクル200の豪華なインテリアに比べたら、クロームパーツなども控えめながらも上質なインテリアはフォード・エクスプローラーの魅力でもあります(^^)v
ランクル200とは、ちょっと違ったSUVが欲しいあなたには魅力的なモデルではないでしょうか?
フォード・エクスプローラー皆さんの評価は?


ランクル200のライバルモデル「キャデラック・エスカレード」を評価しちゃいましょう♪
ランクル200にとってキャデラック・エスカレードは、アメリカ市場ではガチンコのライバルモデルといっていいでしょう(^^)v
日本でも結構な人気モデルですよねー。
2008エスカレード画像キャデラック・エスカレードはシボレー・タホのシャシーを使用したキャデラックブランドのプレミアムSUVです。ボディサイズは全長5100×全幅2040×全高1950というランクル200も真っ青のフルサイズSUVとなっています。
エンジンは最高出力350ps/最大トルク52.3kg・mを発生するアメリカン?な6L・V8OHVを搭載。駆動方式は最新のAWDで武装しています。
キャデラックらしい豪華なインテリアは3列7人乗り。もちろんシートはオールレザーを採用していますが、そのシートの大きさがこれまたアメリカンサイズ(^^;;
そしてBOSEプレミアム9スピーカーオーディオに、極めつけはブルガリ(BVLGARI)の時計・・・。キャデラック・エスカレードはアメリカンSUVのフラッグシップとして高級感を徹底的に追求していますねー♪
さて、キャデラック・エスカレード。皆さんの評価は?


ランクル200のライバルモデル「ミツビシ・パジェロ」を評価しちゃいましょう♪
パジェロ(PAJERO)の現行モデルは2006年10月に7年ぶりのモデルチェンジによって4代目としてデビューしました。

pajero画像0710171現行パジェロ(PAJERO)、じつはルーフやドアパネルなどは先代のものを流用し、パワーユニットやサスペンションなども先代のものを継承しているそうです。

ひと目でパジェロ(PAJERO)とわかるエクステリアデザインは、2代目パジェロ(PAJERO)のイメージが色濃く取り入れられていますね。まさしく原点復帰(^^)v
3列シートを装備した「ロング」と2列シートの「ショート」ラインナップされているのはパジェロ(PAJERO)の伝統でもありますね。
主力はロングボディでしょうが、ユーザーの使用目的に合わせて、ボディータイプが選択できるのが魅力です♪

エンジンは3.0リッターと3.8リッターの2種類。
駆動方式はパジェロ(PAJERO)ご自慢の「スーパーセレクト4WD」。
路面状況や走行状況により電子制御で適正な駆動配分が行われる優れたシステムとなっています。
パジェロ(PAJERO)は伝統、人気ともランクルに勝るとも劣らないライバルモデルですね。

パジェロVSランクル200のライバル対決、皆さんの評価は?
◎関連情報URL◎
http://www.carview.co.jp/news/0/56003/
http://www.carview.co.jp/news/0/55983/
パジェロ&ランクルに関するコメント&トラックバック大歓迎です♪


メルセデス・ベンツ「Mクラス」はアメリカ市場をターゲットとし、アメリカのアラバマ工場で生産するSUVです。
m-class
初代Mクラスは1998年8月から日本への導入が開始され、現行モデルは2005年10月にデビュー。
新型メルセデス・ベンツは、初代よりも一回り大きくなったが、アメリカンSUVらしいダイナミックで堂々としたデザインは健在。

駆動方式はフルタイム4WD。さらにESPやDSR(ダウンヒル・スピード・レギュレーション)、ヒルスタートアシストなどの新デバイスが装備され、高い安全性や悪路走破性が備わっています。

メルセデス・ベンツMクラスの搭載エンジンはV型6気筒3.5リッターとV型8気筒5.0リッターの2機種。7Gトロニック(7AT)との組み合わせでパワフル&スムーズな走行性能が与えられています。
さらに2006年10月の改良で、メルセデス・ベンツMクラスは統合安全のプロセーフを取り入れて安全性を高めたほか、新たにV型8気筒6.3リッター搭載の「ML63AMG」が設定されました。

ランクル200より価格は高価ですが、メルセデス・ベンツという揺るぎないブランド力により非常に魅力的なモデルのひとつですね♪
今後もランクル200(ランドクルーザー200)ライバルモデル情報をお届けします!
ランクル200ライバルモデルに関するコメント&トラバ大歓迎です♪

サファリ(SAFARI)は日産のフラッグシップSUVとして1951年の「パトロール」をルーツに1980年には日本名「サファリ(SAFARI)」となる。
今年2007年で56年目となるサファリ(SAFARI)は、国産モデルとしてはランクル唯一のライバルといえる存在ですね♪
safari画像197年デビューの5代目(3代目)サファリ(SAFARI)も時代の流れから大きく豪華になるが、ランクルほどラグジュアリー指向ではなく、基本的な構造はデビュー当時からほとんど変わらず、前後リジットアクスルというクロスカントリーらしい、タフで高性能なクロカン4WDとして君臨してきました。

しかし現在の日本ではサファリ(SAFARI)のようなハードなクロカン需要がほとんどなくなり、日産は長年販売してきたサファリの日本国内での販売を、2007年の6月上旬をもって終了すると発表した。

ランドクルーザーが今年新型ランクル200へとモデルチェンジすることを考えると非常に寂しい話ですが、近い将来サファリ(SAFARI)も新型へモデルチェンジするという噂もありますので、新世代サファリ(SAFARI)の登場を楽しみに待ちましょう♪

ランクル情報ナビ@ランクル大好き!】へようこそ!
ランクル200(ランドクルーザー200)のライバルモデルについての気になる情報をチョイス。
ランクル200(ランドクルーザー200)ライバルモデル情報のご参考にして下さい♪
LANDCRUISER200新車新型中古車試乗値引き評価etc・・・
rangerover画像1rangerover画像2





ランドクルーザー最大のライバル、レンジローバーがマイナーチェンジ。
「SUV界のロールスロイス(死語?)」レンジローバーが装備の一部変更を行い7月1日より発売されます。

レンジローバーの今回の改良ポイントは、センターコンソール上のロータリースイッチでオンロード/滑りやすい路面/泥や轍/砂地/岩越えの5種類のモードからひとつを選択すると、自動的に車高やエンジン、トランスミッション、デファレンシャル、各種電子デバイスを統合制御し、走行モードの最適化を図る「テレイン・レスポンス・システム」を全車標準装備したことです。

ランクル200(LX570)にも同様のシステムが搭載されていますよね。
高級SUVにはいまや必須のアイテムです。

そして最上級グレードのスーパーチャージドには、従来のトラクション・システムより素早く繊細に対応する電子制御リア・デファレンシャルが採用されました。

インテリアもインパネやドアトリムのデザインが変更されたほか、オーディオの音質向上や安全装備のアップグレードが図られ、レンジローバー自慢の卓越した走行性能と抜群の快適性にさらに磨きがかかりました(^^)/

レンジローバーは値段が値段だけに購入できる人は限られるのでしょうが、ランドクルーザーファンには気になるモデルですね♪
◎関連情報URL◎
http://www.carview.co.jp/news/0/40460/

今後もランクル200(ランドクルーザー200)ライバル情報をお届けします!
ランクルに関するコメント&トラバ大歓迎です♪
コメントありがとう♪
最新トラックバック♪
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site